【骨のゴールデン・トライアングル】 推進プロジェクト

コツコツ健康「骨」コラムCOLUMN

成長期からの
骨づくりと食習慣

現代っ子に急増中の
「くる病」と「骨折」

 近年、子供のくる病や骨折が増加していることをご存知でしょうか。くる病とは、骨がもろくなって変形や成長障害を引き起こす病気で、以前は戦後など極端に栄養状態が悪い時代にしばしば見られていたのですが、現代では日光に当たらない生活や、アレルギーのための食事制限により、骨づくりに必要なビタミンDが不足していることが主な原因と考えられています。

 また、ビタミンD・カルシウム・骨強度について、成長期の中高生を5年間調査した結果、日常的にビタミンDとカルシウムの摂取が不足しているグループは、全体的に骨密度も低く、その後改善している人もほぼいないことがわかっています。調査開始時にはほとんどなかった骨密度の差は、5年後には大きな差となって現れました。少しでも若いうちから骨を意識した生活を心がけ、将来的に骨粗しょう症にならないようにするためにも、長いスパンで丈夫な骨づくりに取り組むことが重要です。

日本人の「魚離れ」は、
ビタミンD不足にも影響

 ビタミンDは、小腸からのカルシウム吸収を高める役割があり、骨づくりには欠かせない栄養素です。ビタミンDの欠乏状態が長期間続くと、骨粗しょう症のリスクが高まります。とくに閉経後に骨密度が大幅に減少する女性にとっては、ビタミンDの重要度はより高くなると言えるでしょう。

 魚はビタミンDを多く含みますが、毎日摂るのはなかなか難しい食品です。厚生労働省の調査によると、日本人の肉類・魚介類の摂取量比率は10年ほど前に逆転し、食の欧米化は進むばかり。現代人の「魚離れ」は年々顕著になっています。「子供が魚を好まない」「調理が面倒」「肉よりも値段が高い」などの理由で避けられがちな魚介類ですが、骨づくりに欠かせない栄養素を補うためにも、今まで以上に積極的に摂取することをおすすめします。

肉類・魚介類の摂取量(1人1日あたりの平均値)

カルシウム強化は、
すべての年代にとっての課題

 日本人のカルシウム摂取量は、全年代において日常的に不足していると言われています。年代別のカルシウム摂取量では、男女ともに学校給食で毎日牛乳を飲むことができる7~14歳がピークとなっています。この時期を過ぎると乳製品を摂る機会が一気に減り、それとともにカルシウムの摂取量も減少傾向に。どの年代も1日あたりの目標摂取量に届いていないのが現状です。

 カルシウムを多く含む食品は、牛乳などの乳製品、小魚や干しエビ、ひじきなどの海藻類など。なかでも牛乳は吸収率が約40%と高いうえに一度にたくさん摂ることが可能なので、とても効率的な食材です。今からでも決して遅くはありません。できることを取り入れながら、足りないCa、D、K2摂取を意識した健康な骨づくりのための食生活を心がけましょう。

年齢別 1日に必要なカルシウム目安量と実際の摂取量

大阪樟蔭女子大学 健康栄養学部 健康栄養学科教授津川 尚子

神戸薬科大学衛生化学研究室准教授を経て 2015年4月より大阪樟蔭女子大学健康栄養学部健康栄養学科公衆衛生学研究室教授となる。成長期から高齢者におけるビタミンの栄養状態と骨の健康について研究している。

その他の骨づくりの話

骨折予防のための栄養摂取とは

田中 清

 子供の頃、誰もが「骨を丈夫にするために小魚を食べなさい」「背が高くなるように牛乳を飲みなさい」と言われたことがあると思います。食べ物から摂る栄養が骨を強くしたり、骨の成長を助けたりすることは、皆さんご存知でしょう。

骨粗しょう症リスクを回避するために
〜 臨床の現場から 〜

林 泰史

 骨粗しょう症は、骨の構造がスカスカになり、ちょっとしたことで骨折しやすくなる病気です。また、立ち上がったときや重いものを持ったときに背中や腰が痛んだり、歳をとって背中が曲がってきたりするのも、骨粗しょう症の症状のひとつです。

毎日の食事で丈夫な骨をつくるために

佐藤 秀美

 将来にわたり健やかな日々を送るためには健康な骨が欠かせません。骨づくりを怠れば骨粗しょう症になり、将来、要介護リスクが高まります。

質のよい骨をつくる運動と栄養

石川 三知

  ヒトの体をつくる上で、主軸となる一番大事なパーツが「骨」です。スポーツ選手も、一般人も、私たちの体はみんな同じ骨の数、同じ形でできていますし、いくつになっても骨の代謝

食生活の変化と子供の骨づくり

林 泰史

 近年、子供の骨折が増えています。保育園や学校で起きた骨折数の統計によると、40年前との比較で約2.5倍。食生活が豊かになったといわれている現代ですが、骨折リスクが高まっているの